ゼブラガニ Zebrida adamsii

togekomachi1
ゼブラガ二。見た目はちょい悪な感じで、カッコいいです。でも、よく見ると卵をもっていました。
Continue reading

Related posts:

オトヒメエビ Stenopus hispidus

otohimeebiyg
オトヒメエビの子供。やはり子供はかわいいいな。
Continue reading

Related posts:

ニシキフウライウオ Solenostomus paradoxus


ニシキフウライウオのペア。とても綺麗で形の良い個体でした。自分は赤い縞模様のニシキフウライウオよりこの縞模様のほうが好きです。英名はゴーストパイプフィッシュ。

Related posts:

ゴルゴニアンシュリンプ

ゴルゴニアンシュリンプのペアです。黄色地に赤シマ模様は斬新ですね。形はすごく不格好だと思いますが、ものすごく存在感があるエビですね。

Related posts:

バイオレットボクサーシュリンプ


バイオレットボクサーシュリンプ。名前もカッコいいけど、実物も格好いい。胴体が透明感のあるパープルに白赤のハサミと尾。ハサミを振り回す姿がバイオレット。

Related posts:

マツバギンポ Mimoblennius atrocinctus

matsubaginpo
マツバギンポ。色合いがとても綺麗です。
Continue reading

Related posts:

フリソデエビ Hymenocera picta

フリソデエビのペアがヒトデを食べているところです。ハサミでヒトデをバラバラにして、中の柔らかい肉を食べます。威嚇するときに大きなハサミを振り袖のように動かします。海の中で存在感たっぷりのエビですね。

Continue reading

Related posts:

クダゴンベ Oxycirrhites typus

体の網目の模様が特徴的なクダゴンベ。このくらい赤色がはっきりでているのがいいですね。尖った口で甲殻類を食べるそうです。
ピグミーまでも捕食するとか。

Continue reading

Related posts:

アオサハギyg Brachaluteres ulvarum

aosahagi
子供すぎて区別がつかないのですが、おそらくアオサハギだと思います。1センチもない大きさでした。赤いソフトコーラルに栄えます。

Related posts:

オニヒトデ Acanthaster planci

onihitode1
オニヒトデ。漢字では鬼海星、鬼人手とも書くようです。ミドリイシなどのサンゴを食べ尽くすこのヒトデは見るからにダークサイドです。異常発生の原因は人間社会が排出から成る高栄養素の海水とも言われています。
Continue reading

Related posts: