ウミウシカクレエビ Periclimenes imperator

umiushikakure
ニシキウミウシについたウミウシカクレエビ。井田では初めて見ました。華やかになります。
Continue reading

Related posts:

ノコギリハギyg Paraluteres prinoris

nokogiri2
毒のあるシマキンチャクフグに擬態。かなりかわいいサイズですね。せっかく可愛いのに名前が残念。
Continue reading

Related posts:

チンアナゴ Heteroconger hassi

gardeneel
ガーデンイールです。黄金崎ビーチで撮影しました。かなり小さめの個体でしたが、結構よらせてもらえました。
Continue reading

Related posts:

マトウダイ Zeus faber

matoudai
マトウダイ。深海系の魚なのでマトウダイ目でお目にかかれるのはこの種だけ。ワイドでいい構図で撮影したいものです。

Related posts:

アナモリチュウコシオリエビ Munida olivarae

anamori
沖縄方面では何度か撮影したことありますが、黄金崎にも登場しました。キャラクター的で親しみあるエビです。
Continue reading

Related posts:

スジハナダイ Pseudanthias fasciatus

sujihanadai

オレンジに白斑の赤いラインが鮮やか。20メートル以上の深いところに生息しています。絵になりやすく好きなハナダイです。

Related posts:

タカベ Labracoglossa argentiventris

takabe2
中層を駆け巡るタカベの群れはとても迫力があります。多くの場合、カンパチやブリに追われているシーンです。写真は西伊豆の井田で撮影。秋頃よく見かけます。
Continue reading

Related posts:

ナンヨウマンタ Manta alfredi


マンタは近年2種類に分類されることになっていたようです。Manta alfrediとManta birostris。前者がナンヨウマンタ。後者が従来から呼ばれていたオニイトマキエイです。違いは頭鰭の色(黒いほうがbirostris)と行動範囲だそうです。alfrediは珊瑚礁の沿域を中心に生息し、birostrisのほうは北海道のほうの冷たい沿域にも移動するようです。
Continue reading

Related posts:

タテジマキンチャクダイyg Pomacantuhus imperator

tatekinyg
タテジマキンチャクダイの幼魚。成魚になるとタテジマになるのに幼魚はグルグル模様で不思議。

Related posts:

クマドリカエルアンコウ Balistapus undulatus

oomonk2
黄色いクマドリカエルアンコウ。
Continue reading

Related posts: