このサイトについて

「THE LIFE IN THE OCEAN」

地球ができたのが46億年前、海ができたのが40億年前。最初の生命体もその海で生まれました。
そして、この海で魚類が誕生したのが4億年前の古生代。オウムガイやシーラカンスは有名なところですが、サメもその時代から子孫を残しながら生息しています。
現人類が誕生したのが20万年前ですから、その歴史的なスケールの大きさに圧倒されます。

その海をダイバーとして潜って生物観察をすると、いつも様々な生き物に出会うことができます。
そして、回遊、捕食、産卵、交接、威嚇など海の中で繰り広げられるドラマッチックなシーンにはいつも興奮させられます。
そういった生物たちを写真に撮ったり、図鑑で検索したりすることで、その生物に対する興味は益々増すばかりです。

海に生存するであろう生物の種の種類は数千万種に及ぶだろうという説もあります。
生命の源は海であり、長い年月生存競争を繰り広げてきた生物が様々な形で進化してきた証でしょう。
近代の研究によって、地球の歴史、生命の歴史は日々明らかになってきています。
全ての生物は奇跡的ともいえる微妙なバランスの中で存在していて、私たち人間もその一部です。

しかし、残念なことに今の地球上においては人間による環境汚染や乱獲の影響もあってか、絶滅する生物の種の数はここ数百年で異常な増加を辿っています。このまま行くと珊瑚などは2050年には地球上から消滅してしまうという説もあります。この問題は陸の生物も含めて地球上の生態系の問題にまで発展し、今や生物多様性問題として国家レベルで対処しなければならない人類全体にとっての大きな課題となっています。

ところで、私たちの住む日本の海は世界的に見ても北から南まで多くの生物に恵まれた特殊な海なのです。多くの自然に恵まれた貴重な環境です。
ダイバーとしてもこの海にいつでも接することができるのを嬉しく思っています。

このサイトでは日本の海中心に私個人で撮影した様々な生物の写真を掲載していきます。個人の資料を整理するという目的だけでなく、自分自身が生物の大切さを常に感じていくためにあらためて整理してみようと思います。そして、いずれ自分自身が生物からもらった感動のエネルギーや自然のバランスを大事にしなければいけないという使命に共感できる方へ何かを配信できてれば嬉しいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です