イロカエルアンコウ Antennarius commesoni

oomon1
イロカエルアンコウ。今年は潜れば必ずといっていいほどカエルアンコウの当たり年だった。
Continue reading

Related posts:

ゴマハギyg Zebrasoma scopas

gomahagi
ゴマハギの幼魚です。西伊豆も生息域ですが黄金崎で初めてみました。胴体はグラデーションがかかって写真映えする模様です。
Continue reading

Related posts:

タカベ Labracoglossa argentiventris

takabe2
中層を駆け巡るタカベの群れはとても迫力があります。多くの場合、カンパチやブリに追われているシーンです。写真は西伊豆の井田で撮影。秋頃よく見かけます。
Continue reading

Related posts:

ヒメヒラタカエルアンコウ Antennarius Randalli

himehirata2
ヒメヒラタカエルアンコウ。カエルアンコウは区別しにくいのですが、これは名前の通りで平べったいのですぐに区別できます。
Continue reading

Related posts:

クマノミ Amphiprion clarkii

kumanomi2
何度撮ってもかわいいクマノミがいると撮りたくなってしまい、結局いつも撮っています。

Related posts:

ムレハタタテダイ Heniochus diphreutes

西伊豆黄金崎ビーチのムレハタタテダイです。かなり大きくなってきていますが、まだまだ子供ですかね。透明度も比較的良かったので綺麗でした。 伊豆でも十分南国気分になれますね。

Related posts:

ハナハゼ Ptereleotris hanae

hanahaze
伊豆の代表的なハゼ。鰭全開は迫力がありますね。特に6本の尾びれはとっても長い。ブルーが魅力的で黒抜きにて存在感たっぷりに撮れます。自分にとっては伊豆の海のシンボル的魚の一つです。

Related posts:

ミサキコウイカ Sepia misakiensis

misakikouika3
ミサキコウイカ。黄金崎の浅いところに上がってきていました。丸みがあるのでコブシメによく似ていますね。
Continue reading

Related posts:

ニシキフウライウオ Solenostomus paradoxus

nishikihurai
ニシキフウライウオ。少しモジャモジャしている個体ですね。ニシキフウライウオは変異が多いそうです。

Related posts:

マダイyg Padrus major

madaiyg
マダイの幼魚でしょうか?光沢ある胴体からもそれらしいですね。
Continue reading

Related posts: