ニシキフウライウオ Solenostomus paradoxus

nidhiki
ニシキフウライウオ。海も暗かったので背景を暗くしてみました。2012年はいろいろなところでたくさん見ることができました。生物は当たり年とかありますね。
Continue reading

Related posts:

アナモリチュウコシオリエビ Munida olivarae

anamori
沖縄方面では何度か撮影したことありますが、黄金崎にも登場しました。キャラクター的で親しみあるエビです。
Continue reading

Related posts:

ノコギリハギyg Paraluteres prinoris

nokoririk
ノコゴリハギです。ガンガゼの背景もよくあいますね。

Related posts:

ホムラハゼ Discordipinna griessingeri

homura1
ホムラハゼです。やや撮りやす環境でした。ぴょこぴょこ同じ動きを繰り返して穴からでてきます。出たら撮りまくりです。
Continue reading

Related posts:

アオリイカyg Swpioteuthis lessoniana

aoriikayg
アオリイカの赤ちゃんです。1センチ程度の極小です。
Continue reading

Related posts:

ニシキフウライウオ Solenostomus paradoxus


ニシキフウライウオのペア。とても綺麗で形の良い個体でした。自分は赤い縞模様のニシキフウライウオよりこの縞模様のほうが好きです。英名はゴーストパイプフィッシュ。

Related posts:

ミカズキコモンエビ Urocaridella sp.C

mikazuki
ミカズキコモンエビ。長い時間、穴に向かってずっとカメラを構えていたのですが、なかなか飛んでくれなくていまいち撮りきれませんでした。
Continue reading

Related posts:

ソリハシコモンエビ Urocaridella sp.A

sorihasi
ソリハシコモンエビ。根にある影や穴のなかに生息している。中層を飛んでいるのが特徴的。
Continue reading

Related posts:

アオサハギyg Brachaluteres ulvarum

aosahagi
子供すぎて区別がつかないのですが、おそらくアオサハギだと思います。1センチもない大きさでした。赤いソフトコーラルに栄えます。

Related posts:

ヤシャハゼ Stonogobiops yasha


ヤシャハゼは好きなハゼのひとつ。沖縄ではよく見ることができるハゼであるが、伊豆では(大島以外)なかなか出会わないし、海外でもあまり見かけた話を聞かない。
自分にとっては沖縄を代表するハゼのイメージがある。背鰭が弓のようになっていてとても格好がよい。
Continue reading

Related posts: